小さな家の地下室から小さな声で呟いてみる

皆様こんにちは、最合です。
出版記念原画展の搬入まで後一週間、カウントダウンな感じなってまいりました。
4月18日のイベント、画廊にて絶賛ご予約承り中ですのでどうぞ宜しくお願いします。
今日は噂の新刊『羊歯小路奇譚』(シダコウジキタンと読みます)の各話の紹介をしたいと思います。



第壱話◆失せもの屋
描けなくなった挿絵画家が辿り着いた一軒のお店で救われる物語。

第弐話◆黒頭巾
道に迷った男が出会った、四つ辻に現れる黒衣の占い師の物語。

第参話◆コドモノ國
羊頭の少女と園児たちが繰り広げるアットホームな物語。

第四話◆酒屋酒場
女子中学生と小さなバーのマスターの心温まる物語。

第伍話◆みどりさん
病院を訪れた刑事が魅力的な女性に出会う物語。

第六話◆市松商事
パンダに良く似たおばさん社長の人情物語。

第七話◆少年ノ探シ物
失せもの屋店主が旅人に語る美少年の物語。

第八話◆風流座敷寫真館
市松商事のおばさん社長の従弟が営む写真館を訪れた一人の女性の物語。

第九話◆わたしの王女様
双子の美少女が力を合わせ、遊園地の王女様コンテストに応募する物語。

第拾話◆闇に棲む獣
孤独な老婦人から愛らしいペットを譲り受けた青年の奮闘物語。

第拾壱話◆羊歯小路奇譚
祖父の酒屋を手伝うことになった孝行青年の物語。


以上が「羊歯小路奇譚」に収録された十と一つの物語です。
えーと、THの連載を読んでいた方は……たぶん笑っているのではないでしょうか。
間違ったことは言ってないと思いますが、超あらすじ、ですから悪しからず。
基本的に一話完結ですが、各話それぞれ少〜し繋がりがあるようになっています。
次回はもう少し踏み込んだお話をしようかと思います。
ではまた!
moai








 









 
<< NEW | TOP | OLD>>
| home | top | archive |