小さな家の地下室から小さな声で呟いてみる

一定期間更新がないため広告を表示しています

皆さんコンニチハ。出版記念展が終わったと思ったら、雨続きの日々。秋晴れはどーなったのー? と洗濯物を抱えて右往左往している内に木枯らし一号も吹いてすっかり冬っぽい感じになってしまいましたが、お元気ですか? 私はけっこう元気です。先の展示期間中は、何だかんだで体力を消耗していたみたいで、自然と1圓らい体重が落ちました(嬉しいことに脂肪のみ)。展示前は短縮バージョンでやっていた筋トレも通常メニューで復活させ、イイ感じで維持しています。年末年始にかけての暴飲暴食もしくは暴飲痛飲に備えて(ハイ?)、しっかり筋量も上げておきたいところです。

筋トレ話はさて置き、10月末にもなると、お馴染みトーキング・ヘッズ叢書の最新号no.72が発売になりました! 今号に掲載して頂いた物語は『親指少女』、タイトルは可愛らしいですが内容はちっとも可愛くありませんので悪しからず。何しろ特集が『グロテスク 奇怪なる、愛しきもの』ですから、アハハのハ。でもね、グロテスクとか、いわゆる直球のテーマってけっこう難しいのです。何しろ自分が創る物語は、結果としてグロかったりホラーっぽい部分があったりするのですが(それもあまり自覚がない)、真っ向勝負で取り組もうとすると何をどうしたらいいのやら……まあ、そんなこんなで、この『親指少女』です。タイトルからもわかるようにアンデルセンの『親指姫』から着想を得ています。何で『親指姫』だっのかは、自分でも良くわかりません。企画の案内を頂いた瞬間、訳も分からずポンと小さなお姫様の姿が頭に浮かびました。その最初のイメージだけを頼りに何とか物語を引き寄せてみました。とにかく頑張って少しだけグロテスクにしてみましたが、どうですか? 全然もの足りないですか? 読んでいて気持ち悪くなっても、、、お楽しみ頂ければ幸いです。

 

さてさて、もう一つお知らせがあります。twitter等ではすでにアナウンスしていますが、オッド博士の展示が大阪で開催されることになりましたー! 場所は何かとお世話になっている、珈琲舎・書肆アラビクさん! 記念イベントもやるよー! 蜂鳥あみ太さんも呼んじゃうよー! みんな大阪に集まろー! ハァハァ、、、鼻息荒くて恐縮ですが、詳細はこれから詰めます。取りあえず決まっている日程はコチラ↓ まだ少し先ですが、予定してくれると嬉しいです! イベントの予約方法などは、後日お知らせします。 乞うご期待!!!     moai

 

 『オッド博士のマッド・コレクションズ展』@珈琲舎・書肆アラビク 2018/2/15(木)〜3/5(月)

   出品作家:Dollhouse Noah(写真、人形)、黒木こずゑ(絵)、最合のぼる(オブジェ)

   ◆記念イベント◆ 2/17(土)@イロリムラ プチホール 19時開演予定 予約割り引き有り

     内容:朗読&シャンソンライブ&トークショー

     出演:蜂鳥あみ太=4号with坂下文野(pf)、黒木こずゑ、TH鈴木編集長、最合のぼる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<< NEW | TOP | OLD>>
| home | top | archive |