小さな家の地下室から小さな声で呟いてみる

皆さんコンニチハ、年の瀬ですね。
少々ご挨拶が遅くなりましたが、盛況の内に終了した期間限定ショップ・揺卵洋品店第三話にお越し下さいました皆様&拙著お買い上げの皆様、ありがとうございました。今回も無事、乙女の夢が詰まったお店に陰鬱な悪夢のような作品を展示させて頂きました。お誘い頂いたメンバーの皆様には心からお詫び、もとい、お礼申し上げます。

さて、2015年。
いやー、大変でした、ホントに本当〜に大変な一年。
公私に渡る二つの大きな出来事があり、そしてこれらを乗り切るための日々でした。

一つは、言わずもがな暗黒ビジュアル童話『羊歯小路奇譚』(黒木こずゑ・絵 アトリエサード刊)が四月に刊行され、同時に出版記念展を銀座の幻想系老舗画廊・スパンアートギャラリーさんで開催したことです。
本書は、2012年のトーキングヘッズ叢書(TH)no.50から連載していた十の物語に書き下ろし一作を加えた内容になっています。連載していたものをまとめて書き下ろしは一話だけだから割と楽だと思うでしょ?(実際、私もそう思っていました) ところがどっこい、それはそれは終わりの見えない作業だったのです。読者の方ならご存じだと思いますが、私は紙面構成&本全体をデザインすることまでを自分の表現としています。連載時と書籍では版(本の大きさね)が違うので、当然レイアウトも変更します。連載時の雰囲気を残しつつ、より楽しめる視覚効果を考えねばなりません。しかも今回は写真も掲載しているので、これまた当然撮り下ろしも有り(黒色すみれのさち嬢のアレとかね)、画家の黒木こずゑ氏にも多数の挿絵(打合せの度にドンドン増えた)を描いて頂きつつ、下絵を見せてもらう度にまたレイアウトを変え、ページ数も膨れ上がりました。もちろん産みの苦しみはありますが、自分が目指す完成型に向かっていく作業は本当に面白く楽しいものでした。ですが、何しろ時間がない。気持ちが焦ると迷いが生じ、堂々巡りの迷路に入り込みます。割とゆったりスケジュールを取ったはずなのに、〆切りを一日延ばし、二日延ばし、ギリギリなところで入稿してもらいました。なぜ、そんなに時間がなかったのか。
それが大きな出来事二つめに関係します。




実は、昨年くらいから高齢の父親の体調があまり良くなかったのです。介護認定を受けていながらも、頑として独り暮らしを続けていました(母はすでに永眠しています)。私の住まいから父の家まで、最短で1時間半くらい。ケアマネージャーやヘルパーさんなど介護スタッフと日に何度も電話でやり取りしながら、24時間年中無休で駆けつける体勢で何とか父の暮らしをサポートしていました。今年のお正月もね、恒例の成田山に初詣に行ったんですよ。でもその数日後に倒れてしまった。二月上旬には緊急手術をし、一命を取り留めたものの医師に意識は戻らないだろうと言われました。ところが持ち前の生命力の強さからかなり回復し、会話はできないもののこちらの言うことは理解出来ている様子でした。その後何度か危機的状況や転院を繰り返し、徐々に弱っていき、九月のお彼岸に母の元に旅立ちました。
それにしても、人が一人死ぬとこんなに大変なものなのかと思い知らされました。しかも今回は、初めての喪主。感傷に耽っているヒマもなく、準備〜通夜告別式を執り行い、その後も各種手続きに忙殺されました。実際まだ残務処理は続いていて、年明け早々にもやらなければならない期日のものも迫っています。よく結婚よりも離婚が大変と聞きますが、それと似た感じでしょうか。慌ただしく過ごしているせいか、三ヶ月近く過ぎた今もあまり実感はなく、いまだ入院しているような気もするし、いつものあの家で転びながら独り暮らししているようにも思います。

さてここでもう一度、羊歯小路奇譚です。
父が倒れた今年の一月は、まさに作業の追い込み時期でした。おまけに例年もう一つ別の仕事でもこの時期時間を取られる作業があり、この二つの仕事だけなら乗り切れると予定を組んだのが大間違いでした。それでも何とか血反吐を吐く思いで予定通り出版にこぎつけましたが、気がつけば出版記念展の準備が何もできていません。おまけにその時期、転院問題が勃発。昨今病院は機能別になっているので、長期療養になる場合は一般病棟にはいられないのです。で、療養病棟がある病院の下見に行ったり病院側と面談したりと煩雑な手続きが。。中略。。それでも何とか展示作品も揃え、記念イベントまでこなせたのはミラクルです。そうそう、羊歯小路奇譚の中にも何人か老人が登場しますが、父との日々が少なからず影響しているように思います。

私は元々父親とは折り合いが悪く、母が先に亡くならなければ頻繁にやり取りすることはなかったように思います。父は遅い結婚だったので、自分の同年代の親に比べると十歳以上年上。明治の親に育てられた戦争体験者なので(満州の部隊で暗号解読をしていた)考え方も古く、強烈な内弁慶で短気でせっかち、ちょっとしたことですぐに機嫌を損ねる面倒臭い人でした。長所と言えるのは、無類の酒好きなところくらいです。そんな父が晩年、私が駆けつける度に「悪いな」と照れ臭そうに言うのが嫌でたまりませんでした。「俺はお前がいるからいいけど、(子供のいない)お前が年取ったらどうすんだ」とか、ホント余計なお世話です。でもまあ最後の最後まで学ぶことは多かったです。老いというのは、赤ちゃんが色んなことをどんどん出来るようになっていくのと正に真逆。日々刻々と、一定の時期からは加速度的に出来なくなることが増え、それは生物としての活動を停止する準備をしていくことなのだということが良くわかりました。一つだけ悔いが残るとしたら、もう一度大好きなお酒と鮪の刺身を食べさせてあげたかった。それでも少なからずやりきった感はあるので、このくらいで勘弁して下さい。

図らずも2015年は自分の人生の中でもとても印象深い一年となりました。そんなこんなで今年は特に仕事をセーブしていましたが、THでは前年に引き続きDollhouse Noah氏とのコラボ連載だけは落とさず続けさせて頂きました。毎回送られてくるNoah氏の美少女写真は本当に眼福でときめきます。展示関係では揺卵洋品店のゲスト参加だけになっちゃいました。さあ、来年2016年はどうしましょう。ガンガン仕事してもいいけど、少し自分の時間をゆったり取りたいような気もします。取りあえず一月末発売のTHは、、その話はまた別の機会に。
 

今一度、羊歯小路奇譚や私の創作に関わった全ての方々と、亡き両親に、心よりの感謝を。

新年のご挨拶はできませんが、皆様良いお年をお迎え下さい。
来年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。


最合のぼる拝




  



















 



 



帽子、髪飾り、ワンピース……乙女の“とくべつ”を提供する期間限定ショップ揺卵洋品店に今年もゲスト参加することになりました。去年一昨年と夏に開かれていた揺卵洋品店ですが、第三話となる今年は季節を変えての開店、今回の目玉商品は、黒木こずゑ画の「不思議な窓辺ワンピース」だそうです。まだ実物は拝見していませんが、今まで以上にドラマチックな仕上がりになっていることでしょう。

さて、そんな愛らしい乙女のお店に漆黒の染みを落とす最合の出品作をご紹介しておきましょう。
今回は、四月に発売された暗黒ビジュアル童話『羊歯小路奇譚』掲載写真(最合撮影)の中から、数話に渡りモデル参加して頂いた某ネオクラシカルユニットのメルヘンヴァイオリニストちゃん(誰w)の超〜〜〜ミラクルショット(何w)を数点、展示販売する予定です(全て一点物、黒木氏の直筆イラスト付きもあるよ)。
『羊歯小路奇譚』ではモノクロ掲載ですが、展示作は全てカラー!もしかしたら二度と日の目を見ないかも!
貴重なこの機会をどうぞお見逃しなく。
あとは、一連の著作を若干部ですがサイン本でご用意する予定です。
『羊歯小路奇譚』しかり、『Shunkin』しかり、会期中に某ネオクラシカル(中略)ちゃんに遭遇するチャンスがあれば、サインのコンプリートを狙ってみては如何でしょうか。某ネオクラシカル(中略)ちゃんの在廊予定は全くわかりませんが(ツアーとかで多忙だからね)、最合は初日と最終日にます。たぶん。

揺卵洋品店第三話『WANDER APARTMENT』
 12/4(金)〜8(火)11:00〜20:00 (初日15時開店 最終日18時半閉店)
 代官山A.S ANTIQUES GALLER
※詳細は、揺卵洋品店twitterBlogをご覧下さい。

みんな来てね!     moai





皆さん、コンニチハ。
すっかり秋も深まって来ましたね。
これから年末くらいまでが一年の中で一番好きな季節です。


さてさて、トーキングヘッズ叢書の最新刊No.64が発売になりました。
今号の特集は「ヒトガタ/オブジェの修辞学」、簡単に言えば人形特集です。
好評コラボ連載・オッド博士の物語にも、もちろんお人形が登場します。
なんと今回誌上デビューとなったのは、七戸優画伯作の人形・ELLEちゃん。
人形と少女、少女と人形――Dollhouse Noah氏の写真が奇跡的な魅力を引き出しました。
書店で見かけた方は、迷わずレジまでお持ち下さい(笑
みんな読んでね!
moai








 



 
皆さん、コンニチハ。
前回ブログを更新してもう四ヶ月近くですか。そうですか。驚きです。
驚いているのは月日の流れの早さではなく、むしろ遅さです。
何だか日々濃厚で、気分的には今年はもう終わりにして欲しいです。


さて、す〜っかりアナウンスが遅くなりましたが、トーキング・ヘッズ叢書63号、発売になっています!
特集は『少年美のメランコリア』――オッド博士第四話『僕の天使』にも少年が登場します。
今回、Dollhouse Noah氏がモデルとして白羽の矢を立てたのは吉岡愛花さん。
この吉岡さんの少年装がそれはもう……ハァハァ♡♡♡
毎回撮影中にもNoah氏から写メがくるのですが、最初の一枚で完璧にやられました。
ここだけの話、写真の中の少年に本気で恋してしまいました。
こんなに切ないキモチになったのは百年ぶりくらいです。
と言う訳で、オッド博士の物語もいつになく文学的な恋物語となっています。
真偽の程はTH63本誌でお確かめ下さいませ。


それにしても連日恐ろしい暑さが続いていますが、地球は大丈夫なんでしょうかね。
地球の心配をする前に、自分の煮え立った脳ミソがヤバいです。
ともかく猛暑お見舞い申し上げます。

みんな読んでね!
moai











 


皆さんコンニチハ。
最近は「シダコージ、シダコージ」と耳タコなブログでしたが、今日は違います。
トーキングヘッズ叢書の最新号が発売になりました。
Dollhouse Noah氏とのコラボ連載、Dr.Odd's mad collectins vol.3『からくり未亡人』掲載されております。
モデルは幅広い活動で知られるパフォーマーの黒い瞳さんです。
今回の特集は「大正耽美」、、、そんな訳で黒い瞳さんが最強に色っぽいです。
なんてったって、“未亡人”ですから。

みみみみみ未亡人ですよぉぉぉーーーー!!!

オッド博士とどんな風に絡むのかは読んでのお楽しみ。
でもまあ、からくりですからね。
ご了承のほど(謎)。
みんな読んでね!
moai






 

最合のぼる+黒木こずゑ『羊歯小路奇譚』出版記念原画展、全行程終了致しました。
 
 最終日の昨日は多くの方にお越し頂き、本当に嬉しかったです。
 一般観覧終了後の記念イベントでは、バイオリニストのさちさん(黒色すみれ)と羊歯小路奇譚の第九話『わたしの王女様』をお送りしました。挿絵に使わせて頂いた黒木氏の大きな二枚の絵の前という贅沢な空間の中、さちさんのトイピアノにヴァイオリン、台詞の掛け合いも楽しく朗読できました。その後は、黒木こずゑ氏や出版社アトリエサードの鈴木編集長も交えてのトークショー、相変わらずテンション高めでお送りしましたが、ご好評頂いたようで一安心です。終演後は和やかに記念撮影など、楽しい一時を過ごさせて頂きました。
 展示の様子や展示作などは、スパンアートギャラリーさんのサイトFacebookでご覧頂けます。気になる作品等ございましたら、お問い合わせ頂ければ幸いです。また両著者サイン本も扱って頂いておりますのでどうぞ宜しくお願い致します。




本展にお越し頂いた皆様、気にかけて頂いた皆様、twitter等で宣伝協力して頂いた皆様、
本当にありがとうございました。
そしてスパンアートギャラリー様を初め、全ての関係者に心より御礼申し上げます。
 











沢山の差入れもありがとうございます!

こんな可愛いクッキーも!

 
出版記念展は終了しましたが、羊歯小路奇譚の終わらない物語は始まったばかりです。
まずはお手にとってパラパラとご覧下さい。
そしてお気に召したら、是非買ってね。
moai









 

 
4月13日(月)から『羊歯小路奇譚 最合のぼる+黒木こずゑ出版記念原画展』が銀座のスパンアートギャラリ−にて開催されます。最合の在廊は下記の通りです。
 4/13    11時すぎ〜
 4/14,15 13時すぎ〜
 4/16    お休み
 4/17,18 13時すぎ〜
できるだけ閉廊まで居るつもりですが、中抜けしたり早めに帰ることもあるかもしれませんのでご了承下さい(友人知人の方はご連絡頂ければ合わせます!)。当日の動向はtwitter(@kurousa0x0)でお知らせします。

黒木氏は、4/13、16,最終日18の15時すぎ〜在廊予定です。
こちらも動向はtwitter(@mitsuamichan)でチェックしてみて下さい。

尚、最終日は17時閉廊となります。
その後はイベントご予約者のみの入場(開場17時半)となりますのでご注意下さい。
(現在、画廊にてご予約受付中です!)

みんな来てね!     moai


  






 
こんにちは、最合です。
『羊歯小路奇譚』ネット書店では発売になりましたが、そろそろ実店舗にも並ぶ頃でしょうか。
早く本屋さんで見たいものです。


 
 
 前回は『羊歯小路奇譚』と『Shunkin 人形少女幻想』の関係についてお話しましたが、今日はもう一つ、忘れてはならない深い関係のある物語との繋がりについてお話しましょう。
 それは言うまでもなく、暗黒メルヘン競作集第一弾『真夜中の色彩 闇に漂う小さな死』です。2012年に発売された真夜中〜は、少女が夢に見た六つの色の物語です。黒木こずゑ氏の絵と私の物語、互いの作品からインスピレーションを得て、それぞれの解釈で色物語の世界を創り上げた、正に競作でした。そんな黒木氏と再びタッグを組んだのが羊歯〜連載中の三話目です。プロットを考えていた時、真夜中〜の表紙も飾る羊頭の少女が突然私の頭の中に現れたのです。その後は羊頭の少女に導かれるようにして、黒木氏に挿絵の依頼をしていました。
 羊頭の少女――黒木氏の絵からイメージをもらい、私の物語の住人となった象徴的な存在です。
 その羊頭の少女が羊歯〜でも登場したのは偶然にして必然のように思います。図らずも第九話は、羊頭の少女誕生?の物語となりました(羊頭の少女は、少女の数だけいるので、その中の一人ということです)。他にも羊歯〜では、真夜中〜と舞台や登場人物が重なり合っています。真夜中〜で少年が入院していた裏に沼のある病院は、羊歯〜の第五話と第十一話に出てきますし、
第九話で王女様コンテストが行われる森の遊園地はやがて閉園し、真夜中〜では老人ホームとして再利用されています。森といえば、どうにも不便なその場所には音楽学校の学生寮があるらしく、スクールバスの運転手が羊歯小路にある酒屋に煙草を買いにくるとか……いつの間にか『Shunkin 人形少女幻想』とも繋がっていました(笑)。真夜中、Shunkin然り、羊歯小路奇譚の中でも、各話が互いにサイドストーリーとなって綴られています。とは言っても、どこまでが現実で、どこからが幻想なのかわかりません。何しろメルヘン世界のことですから、しかも暗黒の。

 『羊歯小路奇譚』単行本化は、黒木氏の絵なくしては成立しなかったと思います。今回は“素描で挿絵”というスタンスで、何度も何度もやり取りをしながら、全話に数多くの作品を提供して頂きました。私の写真とのコラボレーションも面白く出来たのではないかと思います。前作に続き、黒木氏への感謝の気持ちは本当に言葉になりません。
 でもやっぱり言っておきます。
「こずゑちゃん、ありがとう」

 そして! 
 黒木氏の全原画と最合の写真作品が展示される『羊歯小路奇譚 出版記念原画展』がいよいよ明日13日から開催されまーす!
昨日、無事に搬入終了しましたよ。二人合わせて、結構なボリュームの展示になったと思います。記念展のための黒木氏の新作も二点あり、ちょーーー可愛いです! 
 因みに
『真夜中の色彩』や『Shunkin』からイメージされた最合の過去作品も一部展示しています。併せてお楽しみ下さいませ。みんな来てね! 読んでね!     moai

 







 
 
皆様度々こんにちは、最合です。
今日は発売間近『羊歯小路奇譚』と既刊『Shunkin人形少女幻想』の関係についてお話したいと思います。

        
 まずは暗黒メルヘン競作集第二弾として2013年に刊行された『Shunkin 人形少女幻想』(共著Dollhouse Noah)について簡単に説明しましょう。舞台は森の中にある音楽学校の学生寮、管理人として働くことになった中年男と寮生である天才ヴァイオリニストの恋物語です(超あらすじw)。ShunkinではNoah氏が、自身が制作する人形と黒色すみれのさち嬢をモデルに写真を撮り下ろしました。さち嬢が美少女ヴァイオリニスト役であることは言うまでもありません。因みにNoah氏とは、現在トーキングヘッズ叢書(以下TH)でコラボ連載しています。
 このShunkinが発売されたのは『羊歯小路奇譚』がTHでまだ連載されている最中で、具体的にはTH56号とTH57号の間でした。まあ、そうなれば自然とShunkin絡みの話にしたくなっちゃうのが人情です(笑)。そんな訳で、TH56号はShunkin前日譚として、管理人となる男が学生寮に向かう途中に立ち寄ったバーでのお話(羊歯小路では第七話)。TH57号ではShunkin後日譚的な感じで管理人の妹が主人公の話になっています(羊歯小路では第八話)。
 さて、風の噂で聞いているかもしれませんが『羊歯小路奇譚』でも、第四話と第八話にさち嬢がモデルとして参加しています。第八話の方は連載時からさち嬢の写真を掲載しましたが(Shunkinロケ時に私が撮影したものです)、第四話は今回のために撮り下ろしました。第四話は、主人公の設定が中学生だったので、若干尻込みするさち嬢にセーラー服を着てもらいました。彼女は永遠の14歳なのでま〜ったく問題なく、ロケ場所としてバブーシュカさん(下北沢)に協力して頂き、お陰様で素晴らしいショットが撮れました。本当にありがとうございました!(↓画像はさち嬢のtwitterから頂きました。ロケ後にバブーシュカさんのナポリタン!)

 さてさて、ここで少し疑問に思っている方もいるかと思います。
 だってねえ、Shunkin絡みだったら四話じゃなくて七話にモデル参加すると思うじゃないですか。なぜ四話のモデルにさち嬢を起用したのか、その真相は……是非『羊歯小路奇譚』でお確かめ下さい!(宣伝猛々しくてスミマセン。。)

 4/13〜開催されるの出版記念原画展では、Shunkinの両著者+さち嬢の三者サイン本も若干部ですがご用意致します。併せてお楽しみ頂ければ幸いです。さち嬢をお招きした4/18の記念イベントも、スパンアートギャラリーにてご予約承り中です。


 
次回は更にこんがらがった『羊歯小路奇譚』のお話しようと思います。
ではまた!
moai













 
皆様こんにちは、最合です。
出版記念原画展の搬入まで後一週間、カウントダウンな感じなってまいりました。
4月18日のイベント、画廊にて絶賛ご予約承り中ですのでどうぞ宜しくお願いします。
今日は噂の新刊『羊歯小路奇譚』(シダコウジキタンと読みます)の各話の紹介をしたいと思います。



第壱話◆失せもの屋
描けなくなった挿絵画家が辿り着いた一軒のお店で救われる物語。

第弐話◆黒頭巾
道に迷った男が出会った、四つ辻に現れる黒衣の占い師の物語。

第参話◆コドモノ國
羊頭の少女と園児たちが繰り広げるアットホームな物語。

第四話◆酒屋酒場
女子中学生と小さなバーのマスターの心温まる物語。

第伍話◆みどりさん
病院を訪れた刑事が魅力的な女性に出会う物語。

第六話◆市松商事
パンダに良く似たおばさん社長の人情物語。

第七話◆少年ノ探シ物
失せもの屋店主が旅人に語る美少年の物語。

第八話◆風流座敷寫真館
市松商事のおばさん社長の従弟が営む写真館を訪れた一人の女性の物語。

第九話◆わたしの王女様
双子の美少女が力を合わせ、遊園地の王女様コンテストに応募する物語。

第拾話◆闇に棲む獣
孤独な老婦人から愛らしいペットを譲り受けた青年の奮闘物語。

第拾壱話◆羊歯小路奇譚
祖父の酒屋を手伝うことになった孝行青年の物語。


以上が「羊歯小路奇譚」に収録された十と一つの物語です。
えーと、THの連載を読んでいた方は……たぶん笑っているのではないでしょうか。
間違ったことは言ってないと思いますが、超あらすじ、ですから悪しからず。
基本的に一話完結ですが、各話それぞれ少〜し繋がりがあるようになっています。
次回はもう少し踏み込んだお話をしようかと思います。
ではまた!
moai








 









 
<< | 2/45 | >>
| home | top | archive |